屋根

インターホンの取り付けはプロに依頼|楽々取り付け係

玄関の見張り番

作業員

インターホンと言えば、住宅の玄関に取り付けてあり、外にある子機からと室内にある親機が通話できるドアホンのことです。このドアホンは昭和35年に販売開始され、防犯目的で使われ普及してきました。このインターホンにはいろいろな種類があります。大きく分けると、音声での通話だけの機能を持つインターホンとカメラやモニターによって来訪者を確認できるインターホンがあります。最近では録音機能付のものや伝言メモ機能がついたものまでインターホンも非常に、多機能になりました。日々、インターホンは進化しているため、更新期間を過ぎたインターホンは生産終了などにより部品がなく修理も出きなくなることも多いようです。その場合はインターホンの交換をしましょう。インターホンも老朽化によって故障します。一般住宅で使用した際の交換時期目安は10年と言われています。一般住宅ですと外に取り付けられ、雨風にさらされるため、集合住宅より傷むのが早いようです。マンションなどの集合住宅の場合は交換時期目安は15年です。次の症状がある場合はそろそろ交換する必要があります。声が効き取りづらく、ノイズが混ざることがある。子機がなる時と、ならない時があったり、またモニターにノイズが出るや真っ暗でうつらないなど、こんな症状がある人は早めに業者に見てもらいましょう。インターホンは沢山の種類があるため、種類によっては業者でも作業を行わないところも多いです。電話で自分のインターホンの種類を確認し、対応できるか確認しましょう。

防犯対策と利便性

塗る

インターホンを取り付ける理由は主に防犯対策です。一人暮らしの方や小さいお子様が留守番の際もインターホンがあれば安心できます。防犯意外にも誰か確認して対応するか考えられるので外に出て対応する手間が省け大変便利です。

詳しく見る

業者を賢く使う

一軒家

エアコンの取付は自分では困難で専門の知識が必要になります。そんな時はプロの業者に頼みましょう。意外にも低価格で行なってくれますし、取り付けと取り外し同時に頼むと割引になる業者もあります。

詳しく見る

減税制度とメリット

修理

低価格で自分の好きなような空間がつくれるため中古で住宅を購入しリフォームするという人が千葉にも多くいます。住宅減税制度などもあり、これらを活用することで大幅にコストダウンできます。リフォームな業者は慎重に探しましょう。

詳しく見る